帰宅難民 (1)
9月19日(月)

敬老の日だが、震災の影響による休日シフトのため出勤。
20時過ぎに退社。
駅に着くと人だらけ。
大雨で警戒水位を超えたため運転見合わせ中とのこと。
ホームで1時間ほど待ったところでアナウンス。

・安全確認はあと少しで終わる見込み
・が、別の区間で警戒水位を超えているため、復旧にはかなりの時間がかかる見込み

遠距離通勤者なので電車が止まったらどうにもならない。
ひとまず会社へ戻ることにした。

JRは23:30頃に復旧。
それを知ったのは0:30頃。

通常の私の通勤時間はドアtoドアで2時間弱。
絶妙のタイミングで電車の乗ることに成功し、かつ、いつもの速度で運行したとしても家に着くのは2:30くらい。
大雨直後に通常速度で運行するはずもなく、そもそも私が降りる駅まで行く電車がこの時間に来る保証もないわけで、このまま会社で過ごすことにした。
(都会の駅なので電車はひっきりなしに発着するが、過疎地の駅まで行ってくれる電車は1時間に1本程度)

3時過ぎまで仕事して机で仮眠。


9月20日(火)

6時に起床。
腕がしびれてジンジンジン、ジンジンジジン、雨が降っているー♪
午後の打ち合わせに出席してから帰ることにして仕事をしまくっていたら、知人がニコニコ顔で声をかけてきた。
「昨日帰れなかったんだって?
 電車、さっき止まっちゃったらしいよ。今日も帰らないかもしれないね。うひょひょひょ」
16時頃、総務部からの連絡放送が流れた。
定時前だけど帰宅可能な人は速やかに帰るようにとのこと。
これ幸いとばかりに帰る人々多数。
私には関係ないことだ。また仕事に没頭できるぜ。

この日は帰宅困難者に対して食事が出された。ありがたい。

22時頃、本日の電車の運転は取りやめとの通知あり。
社外の銭湯でさっぱりしてから会社に戻る。
昨日は一人きりだったが、今日は他に二人いた。

前日の寝不足がたたったのか1時過ぎには眠くなった。
椅子を並べて横になって寝た。
[PR]
by as800e | 2011-09-23 00:42 | 日記 | Comments(2)
Commented by ひらりん♪ at 2011-09-23 15:17 x
こんにちは。
それはお疲れさまでした。うちの人も東京出張から帰ってこれなかったですよ(汗)泊まる用意なんかしてなかったので全身ずぶぬれで大変だったようです。

帰宅困難って、現代ならではの問題ですよね。

今年はこういうこと多すぎます~。

普通に毎日が送れるように、早く地球そのものが落ち着いて欲しいです。
Commented by as800e at 2011-09-26 22:34
ひらりん♪さん、こんばんは
宿泊設備は無いものの、会社で寝られた私はラッキーだったかも。
が、一泊の経験はありますが連泊は初めてです。
異常気象もここまで続くと異常では無くて日常になっちゃいますね。
なんとかならないものか....


<< 帰宅難民 (2) A long time ago... >>